セフレ募集

セフレとの付き合いを見直すタイミングとは?緩い関係だからこそ見極めよう

更新日:

セックスをするだけの関係だからこそ、タイミングや僅かな考えの違いからセフレの関係は簡単に自然消滅しやすいものです。
なぜなら、一方が我慢してまで恋愛感情を伴うことが無い性欲だけで結びつくセフレに拘束力は全く無いからです。
では、どのようなタイミングでセフレとの付き合い方を変えれば良いのでしょうか。

セフレと別れるタイミングはいつが適しているのか

セフレとの関係が数ヶ月から1年程度続くと、僅かなことがキッカケで別れるタイミングが突然訪れます。
付き合いはじめてすぐの頃は、セックス内容に新鮮味があるからこそ多少のすれ違いは気になりません。
しかし、ある程度互いのことが分かってきた時には、つい相手のことを指摘して一方が怒ってしまうことがあります。

セフレをやめるタイミングは3つある

セフレと惰性でセックスをしている状態は、義務感に苛まれて気分が良いものではありません。
しかし、初めて出来たセフレだった場合など、別れようとしても言い出しにくい時があるはずです。
セフレをやめるタイミングとして適したパターンは、次の3つのパターンがあります。

  • セフレ女性に彼氏が出来た時
  • マンネリを感じて飽きた時
  • 恋人になろうとして断られた時

何かキッカケが無いとセフレ関係を解消出来ないならば、上記のどれかが発生したタイミングで別れを告げましょう。

セフレと復縁するタイミングはいつが良いのか

一度関係解消を行ったセフレであっても、暫く経過するとセフレ関係に会った女性のことが懐かしくなることが珍しくありません。
他のセフレと何人も付き合ってみた結果として、やはりあの女性がセフレとして良かったと思った時に、セフレと復縁は出来るものでしょうか。
セフレの関係はセックスで互いに快楽を味わえれば良いので、双方が合意すればセフレとして新たに関係を築けます。
ポイントとなるのは復縁よりも新たな関係構築と考えられる程度の期間を空けていることが重要です。

数年空けるとセックステクニックが向上しているはず

過去にセフレだった相手と復縁することは、新たにセフレになるという方法で実現可能です。
しかし、セフレ関係を解消してから1年以内は復縁する意味がそもそもありません。
なぜなら、数年空けない限りはセックステクニックの向上が見込めないので、タイミングが早すぎて復縁してもまたすぐに関係解消になるからです。
過去のセックスを美化しすぎないためにも、数年間空けて多くのセフレからセックステクニックを互いに吸収してから復縁しましょう。

セフレ候補へアプローチするタイミングは早めが望ましい

新たにセフレが欲しいと思った時には、気になる女性に対して早めにアプローチする必要があります。
なぜなら、セフレ作りは別れるよりも時間が掛かるので、何人ものセフレ候補から最終的に気に入った女性のみがセフレとなれるからです。
何度もセックスを多くのセフレ候補と繰り返してから、相性が最も良いと考えられる女性とセフレになります。

セフレと別れる前に次のセフレを確保しよう

適切に管理可能なセフレの人数は、1人から3人程度が現実的な範囲とされています。
そこで、セフレと別れることが決まった時点ですぐに次のセフレを探して補充しなければ、セフレの人数が最悪ゼロになりかねません。
セフレ候補はすぐに探せても、抜けた穴を埋められるだけの魅力を兼ね備えたセフレの確保をすぐには行なえないわけです。
このため、セフレ探しは1ヶ月程度の余裕を持って始める必要があり、結果的にセフレと分かれる前に新たなセフレを確保することに繋がります。
既に次のセフレが決まっていれば、関係解消見込みのセフレといつ別れても影響がありません。

-セフレ募集

Copyright© セフレでやり放題!素敵な女性をセックスフレンドにするためのマナーと方法をしっかり伝授! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.